シャローム大学

Shalom College of liberal arts

大学理念

学生の「学びたい」という思いを尊重し、質の高い「大学教育」を提供し、学生の特性を勘案しながら、学びへの自主性を促し、個人の可能性を開くことを教育の基本方針とします。同時に大学が地域社会はじめとする各種コミュニティとつながりながら、社会の中で的確な役割を果たせるよう研鑽を積み、信頼と実績を重ねていきます。

教育方針

学生ひとり一人の特性を受け入れることを前提に、以下の点を留意していきます。

技能の取得を目指すのではなく、青年期の人格形成を目的とする
課程科目の内容は学部の主旨に沿った上で、多様な学習内容から構成する
授業及び活動が習得しやすい時間枠で維持する
サブティーチャーの配置等、学びへのサポートを的確に行う

カリキュラムは大学に準じた単位制とし、講義担当や判定者は高等教育機関での教育経験者並びにそれに準ずる者が行うこととします。

シャローム大学の特徴

講義とゼミ方式の組み合わせにより、深い学びを目指す
教員とスタッフ、地域との対話を多用しコミュニケーション能力の向上を実現
首都圏の立地を生かし、世の中の仕組みなどを体感できるフィールドワークを多く取り入れ、学びの多様性を実践
就労移行支援事業所の実績による「就職活動支援」の充実