シャローム大学

Shalom College of liberal arts

開催報告

平成30年度専修学校による地域産業中核的人材養成事業「障害者に関わる方のための障害者のライフステージに寄り添う地域サポーターの育成事業」(文部科学省委託事業)説明会

支援者のための再教育に向けた検討がはじまりました。法定外シャローム大学の引地学長が実施委員長として、今後3年をかけてカリキュラムの研究開発をしてまいります。

開催日時

2018年12月18日(火)15:00~17:00

場所

和光市中央公民館

出席者

委員
委員長 一般財団法人福祉教育支援協会 理事 引地 達也
副委員長 合同会社LPエデュケーション 大槻 一敬
副委員長 一般財団法人福祉教育支援協会 代表理事 最上 義
委員 一般社団法人日本環境保健機構 理事 髙尾 和宏
委員 株式会社東京リーガルマインド 執行役員 唐沢 隆弘
委員 学校法人埼玉福祉学園埼玉福祉・保育専門学校 事務局長 飯塚 洋一
委員 学校法人滋慶学園東京福祉専門学校 心理・社会福祉学部 学部長 堀 延之
委員 学校法人伊藤学園専門学校甲府医療秘書学院 教頭 矢野 泰宏
委員 就労移行支援事業所シャローム所沢 精神保健福祉士 最上 千都
委員 公益社団法人埼玉県社会福祉士会 社会福祉士 田中 篤司
委員 東京大学大学院 田中 瑛
委員 社会保険労務士いいづか事務所 所長 飯塚 匡春
委員 アイビーシステム株式会社 人事担当 林 真理子
委員 和光市役所保健福祉部社会援護課 課長 前島 祐三

事務局

事務局 一般財団法人福祉教育支援協会 加藤 のぞみ
事務局 一般財団法人福祉教育支援協会 白壁 昌司
事務局 一般財団法人福祉教育支援協会 杉本 頼久

式次第

進行:引地達也
1.委員長挨拶
2.委員自己紹介
3.事業説明
4.事業内容意見交換
5.事務局連絡

文部科学省の委託事業である当事業において、委員、事務局初の顔合わせとなった今回の事業説明会。事業の趣旨や目的、実施計画が共有されたと共に、参加者の自己紹介が行われました。また、参加者一人ずつ「障がい者に寄り添うサポーターのあり方、目指すべき方向性」について意見を発表しました。