シャローム大学

Shalom College of liberal arts

開催報告 シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第4回

2019年10月16日(水)、さいたま市緑区南部領辻明神下において
シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第4回目が開催されました。

開催概要
日時:10月16日(水)午前10時30分~12時
テーマ:昔からの田んぼで稲刈り×ごはんとわら投げ
地域の人とともに見沼田んぼで稲刈りを行い、おいしいお米でごはんをいただき、自然を使ってのゲーム(わら投げ)も行います。
担当講師:NPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボ
主催:一般財団法人福祉教育支援協会/シャローム大学校
共催:NPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボ

開催レポート

東京都心から約25キロ、都市の中の田んぼで開催
今回のオープンキャンパスを開催した見沼田んぼ(さいたま市緑区)は、広さ約1200Haで同県蕨市の約2倍の広さ。都市の中にある貴重な農地、緑、水を求めて、多くの人が訪れます。
10:30~11:20 オリエンテーション&田んぼで稲刈り
シャローム大学校学長の引地達也によるオリエンテーションの後、参加者は田んぼへ。チームに分かれて、稲刈りに汗を流しました。本日の担当講師であるNPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボの方から、田んぼや稲に関するお話もしていただきました。
11:20~11:50 地元の方の手作りけんちん汁でお昼ご飯
稲刈りの後はおにぎりとけんちん汁でお昼ご飯を食べました。参加者は食事をしながら稲刈りの感想などを交換し合っていました。
11:50~12:15 恒例「わら投げ大会」
食後は昨年度のオープンキャンパスでも実施し、大盛り上がりだった「わら投げ大会」。これは、束にしたわらをできるだけ遠くまで放り投げるというものです。参加者の中にはコツをつかんだ方もおり、とても上手に、遠くまで投げていました。ここでもチーム戦が行われ、参加者からは楽しさの中にも勝負の真剣さを感じることができました。
12:15~12:20 終わりの挨拶
最後は、NPO法人見沼保全じゃぶじゃぶラボ 代表の小林さんから参加者へのメッセージがあり、参加者はこの機会を提供してくれたことへのお礼をし、今回のオープンキャンパスは終了しました。