シャローム大学

Shalom College of liberal arts

開催報告 シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第5回

2019年10月26日(土)、和光市の就労移行支援事業所「シャローム和光」において
シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第5回目が開催されました。

開催概要
日時:10月26日(土)午前10時~12時
テーマ:五輪を知ろう×ごみひろいでおもてなし
2020年東京オリンピック・パラリンピックの射撃会場となる和光市地域で、地元代表選手を通じて五輪を知り、地元で活動する「和光おもてなし隊」とともに清掃を実施します。
担当講師: 和光おもてなし隊
ファシリテーター:引地達也・シャローム大学校学長
主催:一般財団法人福祉教育支援協会/シャローム大学校

開催レポート

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの射撃会場となる和光氏にて開催
10:00~10:20 オリエンテーション
シャローム大学校学長の引地達也によるオリエンテーションでは、オープンキャンパスの趣旨説明や参加者同士のコミュニケーションタイムとして自己紹介とグループ毎のチーム名決めがありました。
10:20~11:50 バラエティワークショップ<五輪を知ろう>
今回の講師を務めてくださったおもてなし隊の皆さまから、バラエティに富んだワークショップがありました。まずは、隊長の井上明次さんより五輪にまつわるクイズがありました。次に、原爆に関する紙芝居と原爆と東京オリンピックの聖火ランナーとの関わりが紹介され、さらに切り紙での2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム制作がチーム毎に行われました。
11:20~11:45 和光市駅前清掃ボランティア
室内ワークショップの後は、駅前に出て清掃ボランティアを行いました。五輪を開催する和光市には、世界から多くの人々がやってきます。「皆さまを綺麗な街並みでお迎えしたい」という思いで清掃に励みました。
11:45~12:00 終わりの会
終わりの会では、おもてなし隊の皆さまから2020年オリンピック・パラリンピックのピンバッジが贈呈されました。また、おもてなし隊と和光市から今後のイベント案内がありました。