シャローム大学

Shalom College of liberal arts

開催報告 シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第6回

2019年12月4日(水)、さいたま市緑区において
シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第6回目が開催されました。

開催概要
日時:12月4日(水)午前10時30分~12時
テーマ:畑でできるもの、畑で作るもの-焼き芋をかこんでみんなで歌おう-
畑からできるものを学び、一緒に焼き芋を行い、みんなで一緒に歌も歌います。
担当講師: NPO法人のらんどあぐり
場所:さいたま市緑区のらんどあぐり管理の畑等(さいたま市緑区南部領辻付近)
主催:一般財団法人福祉教育支援協会/シャローム大学校

開催レポート

見沼たんぼで開催
見沼たんぼは、東京都心から20~30km圏内に位置しており、約1260haという広大な面積を持つ、首都近郊における貴重な大規模緑地空間です。
10:30~10:45 みんなで焼き芋準備
まずは、この後みんなで食べる焼き芋の準備を行いました。水に濡らした新聞紙とアルミホイルに包まれた里芋は、焚火の中でじっくりと焼かれます。
10:45~11:00 三味線ステージ&みんなで歌おうパート1
焼き芋の準備が終わった後は、津軽三味線の奏者、澤田慶仁(さわだやすひと)さんが登場。クリスマスソングの三味線演奏で盛り上げてくれた後は、みんなで「ふるさと」を澤田さんの三味線伴奏付きで歌いました。
11:00~11:30 のらんどあぐりの畑、フィールド散策
続いては、多くの種類の野菜が栽培されている畑を散策しました。散策最中は「ねぎの種はいつ植えたのでしょう?」など、野菜の栽培についての知識が学べるクイズが出題されました。
11:30~11:55 焼き芋を食べながら三味線を伴奏にみんなで歌おうパート2
散策から帰るころ、ちょうど焼き芋が焼きあがっていました。あつあつ、ほくほくの里芋を頬張ると、思わずみんなにっこりと笑みがこぼれました。
そして、三味線の音と共に澤田さんが再登場。もう一度みんなで「ふるさと」を歌いました。最後は、澤田さんのオンステージ。卓越したテクニックで素晴らしい演奏を披露してくれました。
11:55~12:00 終わりの会
素晴らしい天候に恵まれた本日のオープンキャンパスもこれで終了。焼き芋を焼いてくれたり、畑を案内してくれたのらんどあぐりさんに、みんなから感謝を込めた大きな拍手が沸き起こりました。