シャローム大学

Shalom College of liberal arts

開催報告 シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第7回

2020年1月18日(土)、和光市において
シャローム大学校「オープンキャンパス2019」第7回目が開催されました。

開催概要
日時:2020年1月18日(土)午前10時30分~12時
テーマ:ビジネスとコミュニケーション―素敵に交わり話し合う
仕事の現場やビジネス社会での人との対話のやり方をわかりやすく、体感しながら楽しく学んでいきます。
担当講師:林真理子・シャローム大学校研究員、ビジネスマナー講師
場所:就労移行支援事業所シャローム和光(和光市丸山台1-10-6志幸21ビル7階)
主催:一般財団法人福祉教育支援協会/シャローム大学校

開催レポート

10:30~10:40 オリエンテーション
「実践教育ステージ」として位置づけられた、第7回目のオープンキャンパス。初めての参加の方もおり、まずはシャローム大学校 学長の引地達也からオープンキャンパスの趣旨などが紹介されました。今回の担当講師はビジネスマナーが専門の林真理子講師です。
10:40~10:50 参加者自己紹介
オープンキャンパスを楽しむためには、まずは参加者同士が親睦を深めることが大切。「最近はまっていること」「私の好きなこと」「お正月にしたこと」等のテーマにて自己紹介が行われました。
10:50~11:00 ワークショップ:クッションパス回し
続いて、グループごとに小さなクッションをパス回しするというゲームが行われました。「何回パスできたか」を競いましたが、実は、このゲームには「相手が受け取りやすく」というコミュニケーションのポイントがつまっているのです。
11:00~11:10 講義:社会での人間関係と望ましいコミュニケーション
林先生の講義では、まず①社会における人間関係のポイントや②相手が望むコミュニケーションについて解説がありました。②では、林先生と引地学長のコミュニケ―ションのロールプレイもありました。
11:10~11:30 ワークショップ:スマイルカードをつくろう
人とのコミュニケーションで大事なことは「笑顔」。「これを思い出すと思わず笑顔になれるもの」をカードに書き、その内容を紹介しあいました。
11:30~11:40 ワークショップ:お辞儀
ビジネスコミュニケーションにおいて欠かせないお辞儀のポイントの解説があった後、実際に参加者がお辞儀の実践をしました。
11:40~11:50 ワークショップ:名刺交換
続いて、こちらもビジネスコミュニケーションにおいて欠かせない名刺交換のポイントの解説があった後、名刺交換を実践しました。
11:50~12:00 ワークショップ:感謝の言葉でクッションパス&終わりの挨拶
もう一度クッションパス回し(感謝の言葉を添えながらバージョン)が行われました。コミュニケーションのポイントをつかんだ参加者は、こちらのテクニックも向上していました。最後に終わりの挨拶があり、これをもって、シャローム大学校オープンキャンパス2019の全日程が終了しました。